なにわ高等支援学校に行きたい!②

スポンサーリンク
支援学校

適性検査対策

ももは療育手帳B1です。
知的レベルは小学生低学年程度。
なにわ高等支援学校に合格するためには、小学校高学年レベルを目指す必要があるようです。

うーん、相当頑張らないと。

学校の担任の先生、支援学級の先生、放課後デイサービスの先生に、ももが「なにわ高等支援学校を目指す」ことをお伝えしました。
どの先生も、もものために、なにわ高等支援学校にあわせた宿題を出してくれたり、励ましたり、本当に素晴らしいバックアップをしてくださいました。

高等支援学校職業学科の適性検査過去問は、大阪府のホームページに公開されています。検索してみてください。

過去問や苦手な計算問題(宿題)をたくさんだしてもらいました。ぐずぐずいいながらも頑張っていました。えらい(笑)

願書提出

今年のスケジュールは、以下のとおりでした。

 出願  :2月15日(月)~16日(火)
 面接  :2月18日(木)

 適性検査:2月19日(金)
 合格発表:3月1日(月)

まずは願書提出です。

新型コロナ感染症による緊急事態宣言中でしたが、必要書類を子どもと保護者で提出しに行かなければならない、とのことでしたので、二人で行ってきました。これも通学の練習ですね。
わたしたちの家からだと、ドアtoドアで40分くらいですね。
初日の15時くらいに行ったのですが、数名並んでいて、20分くらい待合室で待ちました。
ちょっと緊張しながら必要書類を提出して、試験の説明などを受けて、帰ってきました。

ももは、本当に超ポジティブシンキングなんです。
どういう自信だか!?受かった気でいるんですよね。過去問、ひどい点数なんですが、どこからあの自信がうまれてくるんだ?(笑)

面接

ついに面接です。

面接は、個人面接です。保護者も一緒に面接会場に入ることができて、面接の様子をみることができます。ただし、保護者は何も発言してはいけません。

『面接は保護者同伴が必要』とのことでしたので、”保護者も質問される”と思っていました。
緊張して参加したんですが、「保護者の方は、面接会場で面接の様子をご覧になれます。ただし、発言してはいけません」ということでした。
何を聞かれるんだろう?と、何気にちょっと緊張していたんですが、不必要でしたね(笑)(緊張して損した( ´∀` ))。

ということで、わたしが先に入室して、後からももが入ってきます。
おぉ緊張している(笑)名前はちゃんと言えた。学校名言うの飛ばしたな、あんなに練習したのに(笑)
人生初の面接。そりゃ緊張するでしょう。いい経験ですね。
事前に校長先生面接を学校で練習したようですが、本番はやっぱり本番。緊張します。

いろんな質問をされていました。毎年変わるでしょうから、詳しくは記載しません。
あらかじめ提出した「自己申告書」の内容についても質問ありました。それ以外の質問もありました。

すごく緊張して答えています。

・・・ですが、、、、、質問内容とズレた回答をしている。

事前に家で、面接の練習をしていました。されるであろう想定質問を考えて、それに対してちゃんと答えられるように。
「自己申告書」からの想定質問については、特に事前に練習しました。なので、その質問に関してはちゃんとインプットできているので、スラスラ答えています。

けれど、、、質問と回答がズレているよ!!

面接が終わり、先にももが退室します。そのあと、保護者も退室します。

ももの満足そうな顔。でましたガッツポーズ(笑)
本当にプラス思考、ポジティブシンキングなんですよね( ´∀` )

その日は、満足ホクホクのももと、不安な母とで帰宅しました。

適性検査

面接の翌日が、適性検査(簡単な学力テスト(40分)と作業テスト(10分))でした。
保護者の付き添いはなくてもいいのですが、付き添って行ってきました。(付き添いなしで一人で来ていた子もたくさんいました)

保護者は大ホール?で待たされるのですが、適性検査前の説明時間、問題用紙の配布・回収、作業テストまでの待ち時間などが長くて、かなーーーーーーり待たされました。

新型コロナウイルス対策で、待合室のホールが寒くて寒くて、芯まで冷えましたね。。。

適性検査は公開されているので、調べてください。作業テストは、シール貼りとかをやったようです。

試験が終わると、玄関外で合流します。

満面の笑顔で、自信満々で出てきました。
しかも、「友達できた~」と、近くに座っていた子と一緒にでてきました(笑)
一緒に合格できるといいね。

高等支援学校職業学科の適性検査過去問は、大阪府のホームページに公開されます。
自己採点してみました。

なんと!!ほとんで間違えている。。。これは、奇跡を期待することになりそうです。

ですが、ももは相変わらず合格できていると思っている。めっちゃポジティブ。なんでやねん。

そういえば、面接と適性検査のとき、何度も本人確認がありました。
願書に貼り付けている写真と本人が同じであるか確認されます。そういった意味でも、待ち時間が長かった!厳密に実施するため仕方ないですけどね。

それと、面接の日も適性検査の日も、なにわ高等支援学校の構内はスマホ・携帯電話の持ち込み禁止です。持ち込む場合、電源オフです。厳しいですね。待ち時間が長いので、本を持って行ったほうがいいですよ。寒いのでカイロ、ひざ掛けも・・・。
目指す方は、ご参考まで。

合格発表

ついに合格発表の日です。

例年は、支援学校で張り出されるのみだったようですが、今年は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、WEBでの発表もあわせてありました。

 支援学校での張り出し時間:14時
 WEB公開時間      :14時
 合格者への説明会    :14時半から

どっちみち行かないとダメですよね。もしかしたら合格しているかもしれないんだから。
説明会の時間をもう少し考えてくれたらいいのに。と思いながら電車で向かいます。

電車の中で、WEB発表時間になりました。ドキドキしながら、WEB掲載されている受験番号を探します。

・・・ない(泣)

残念ながら不合格でした。(奇跡はおこならなかった~)
1年間がんばってきたけど、残念ながら合格することができませんでした。本人もショックを受けているようです。受かる気でいたから。
残念ですが、芦原橋駅では下車せず、そのままUターンして帰宅しました。

ですが、がんばってきた勉強、面接の経験。無駄ではないと思います。
いい経験になりました。

受かった子たち。がんばってね!!

適性検査のときに友達になった子。合格したかな?ごめんよ、ももは一緒に通えない。ももの分まで職業の技術を学んでね!

ということで、ももは4月から支援学校に通うことになります。

特別支援学校は無理だったけど、そこで頑張ってほしいな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました