支援学校の入学試験

スポンサーリンク
支援学校

大阪市立の支援学校の入学試験

支援学校の入学者決定検査に行ってきました。
ももは何でも楽しめるという、すばらしい(笑)性格なので、今日もルンルンで家を出ます。
支援学校まで家から約40分くらいかな。電車を乗り継いで向かいます。

今日のスケジュールはこんな感じでした↓↓↓

9:00受付
9:15本日のタイムスケジュール等の説明
9:30~11:30検査、面接、保健の先生との面談

検査、面接

「検査」は、どれくらい身の回りのことができるのかなど、普段の様子を見られる検査です。
のり・はさみの使い方、ボール投げ、簡単な算数・国語のテストなどをやったようです。
もちろん、ももは自信満々です(笑)

「面接」は、本人がどういう子かをなんとなく知る場という感じでした。
雑談ベースで、本人の普段の様子を聞かれたり、心配していることや要望などを聞かれました。

ももは終始楽しそうで、先生にも「リラックスしているねぇ。学級委員とかいいかもね~」と持ち上げられて、かなりご満悦でしたね!

保健の先生との面談もしてくださいました。病気のことも事前に保健の先生に直接伝えられたのはよかったです。
数年に1回とはいえ、てんかん発作をおこすので、ちゃんと伝えられてよかった。

先生方の優しい雰囲気づくりのおかげで、4月からの入学がますます楽しみになったようです。

通学方法

通学方法の説明もありました。
支援学校への通学方法は、何通りかあります。

  1. 支援学校まで自立通学
  2. 通学バスでの通学(通学バス停留所まで自力通学)
  3. 通学バスでの通学(通学バス停留所まで保護者付き添い)
  4. 支援学校まで、保護者付き添いで通学

ももは、とりあえず「2.通学バスでの通学(通学バス停留所まで自力通学)」で通って、慣れたら「1.支援学校まで自立通学」をさせようと思います。

自力通学でないとできないことがあるようです。
例えば、部活動。バス通学だと部活動には参加できません。
2年生以降の、企業実習にも参加できないようです。ももの将来のことを考えると、やっぱり企業実習や部活動の参加経験はあったほうがいいと思うので、1年生のうちに自力通学を練習しようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました